会社の病気を治す企業ドクター「ホリコン」のコンサルティングメニュー

「企業ドクターホリコン」こと堀内智彦です。

赤字企業の黒字化など中小企業の収益体質改善のお手伝いを通じて、
日本経済復興のために微力ながら活動中です。現場改善やマネジメント研修、社員教育訓練、
ISO導入、業績賃金制度構築などのコンサルティング活動、セミナー・講演会活動、
書籍・雑誌の執筆活動に精力的に取り組んでいます。

「数字嫌いでも絶対わかる儲けのしくみ」

※サンプル版を読むことができます

コンサルティングメニュー

中小企業・事業者(*)さま向け期間限定特別オファー

貴社のニーズにあわせたアラカルトメニュー

「赤字企業を黒字化する経営改善総合コース」
企業ドクターが、財務分析・経営改善計画立案、毎月の管理職教育を通して、最短距離で黒字化を図ります
契約期間
6ヶ月~
月額報酬
25万円、50万円~
(企業規模による投入工数及び地域による。)

「毎月低額:成果報酬型経営改善コース」
コンサルタント報酬を毎月少額にして、成果に応じた報酬をお支払いただきます。
契約期間
1年以上
初期費用
財務分析・経営改善計画作成一式:30万円
(1回のみ)
月額固定報酬
10万円コース
成果報酬
(例)限界利益改善額の5%又は営業利益増加額の10%など

「儲かるISOへ進化させる!ISOブラッシュアップコース」
ISO9001、14001等の認証を取得・維持しても業績が上がらず経営に負担と感じて、本気で返上したい経営者向きコースです。現在の認証を維持しながら、儲かるISOへ変革するための企業ドクターのノウハウを注力します。
初期費用
現状分析と改善提案書作成:30万円
月額報酬
15万円、25万円~
(企業規模による投入工数及び地域による。)

会計事務所・士業さま向け「コンサルティング手法訓練コース」
会計事務所等のコンサルティング部門に対して、企業ドクターが、現場改善のコンサルティング手法を具体的に伝達します。貴社に出向きますので何名でも参加可能です。
報酬単価
1日(基本5h)単価30万円~(ご相談)

*金額は税別、交通費は別途申し受けます。
*その他お気軽にご相談ください。

*中小企業・事業者とは、おおよそ年商10億円以下(かつ、または)、従業員数50人以下と定義します。
それ以上の規模では個別にお見積させていただきます。

お問い合わせはコチラから

お問い合わせ頂いた方には、ご希望により、日刊工業新聞社刊「アナタの会社の埋蔵金(ムダ)を利益に変える本」
を1冊進呈いたします(準備数がなくなり次第終了させていただきます)。

2営業日以内(土日・祝日・年末年始などを除く)にご返信をさしあげておりますが、万一ご連絡が不着の場合お手数ですがdoctor@glips.co.jpまでお問い合わせください。

プロフィール

堀 内 智 彦(Tomohiko Horiuchi)

1962年生まれ
経歴

日本大学理工学部土木工学科卒業後、国際航業株式会社技師を経て、(財)日本生産性本部経営コンサルタント養成講座終了。株式会社グリップス代表取締役、堀内経営労務事務所代表、特定非営利活動法人フィジカルファクトリー監事

「企業ドクター・ホリコン」を名乗り、「経営者も従業員も法人という一つの身体の中で生きている。」との考えから、独自のノウハウをもとにヒトを斬らない人材育成型コンサルティング手法を活用し、「赤字企業を黒字化すること。ならびに企業ドクターを多数輩出させること。」をライフワークとして、現場改善並びに講演会・セミナー及び執筆活動を行っている。

実績
  • コンサル歴23年でわずか100社(平均契約年数8年以上、プロジェクト終了後もそのまま継続を要請されるケースが多い)。
  • 元上場企業の技術職を経験した事業主であり、ISOのエキスパートであることから、社会保険労務士としての人事労務管理・人事制度構築改善のみならず、あらゆる業種業態の経営改善を得意としている。
  • 製造業、サービス業、飲食業を問わずコンサル開始後の半年以内の黒字転換率80%以上、1年後では95%以上を誇る実践型経営改善コンサルタント。
  • セミナー・講演会実績(敬称略、2009年度~)
    日本賃貸住宅管理協会、金沢商工会議所、富山県中小企業団体中央会、むつ商工会議所、福島商工会議所、士の会研修会、輪島市門前商工会、敦賀商工会議所、関商工会議所、宇都宮商工会議所、新発田商工会議所、三条商工会議所、鳴門商工会議所、つくば市商工会、飛騨古川町経営革新塾、網走商工会議所、静岡法人会、岡山東法人会、白河商工会議所、大船渡商工会議所、ひたちなか商工会議所、胆江法人会、結城商工会議所、伊那商工会議所、柏崎商工会議所、下妻商工会議所、久慈商工会議所、牧の原市商工会、八千代町商工会、日立法人会、水戸商工会議所、ひろぎん経済研究所、八千代商工会議所、上尾商工会議所、福島法人会、関電工、神奈川労務安全衛生協会、佐久商工会議所、ウチダユニコム、盛岡法人会、流山商工会議所、石巻法人会、小野商工会議所、岩室商工会、関電工神奈川支店、震災復興支援セミナー、長井商工会議所、三条法人会、柏崎法人会、長岡法人会、北杜市商工会、武蔵野銀行、日刊工業新聞社など
資格
  • 公益財団法人日本生産性本部認定 経営コンサルタント(認定番号2432)
  • 特定非営利活動法人日本医療コンシェルジュ研究所認定医療コンシェルジュ(MC.NO.00381)
  • ISO9001:品質システム審査員資格取得(A11905)
  • ISO14001:環境システム審査員資格取得(B10723)
  • ISO27001:情報セキュリティシステム審査員資格取得(ISJ-C01835)
  • Oh&S:労働安全衛生マネジメントシステム審査員資格取得(IRCA-1187512)
  • 行政書士登録(東京都行政書士会新宿支部所属) 登録番号 第92130183号
  • 社会保険労務士登録(東京都社会保険労務士会新宿支部所属) 登録番号 第13910268号
  • 税理士試験会計科目(簿記論、財務諸表論)合格
  • 中小企業診断士第一次試験合格
  • 水質関係第三種公害防止管理者、宅地建物取引主任者、測量士補など
セミナーテーマ
  • 「モチベーションを下げずに給与を適正化するノウハウ」
  • 「アナタの会社の埋蔵金(ムダ)を利益に変えるノウハウ」
  • 「真の労働安全を実現するリスクマネジメントシステム」
  • 「売れない時代の原価計算活用術」
  • 「儲かるISOへの道」
  • 「現場で使える生産管理の基礎、応用」
  • 「実践原価管理-事例でわかるコストマネジメントのツボ」
  • 「人財方程式:スキルアップマネジメントの進め方」
  • 「業績方程式(目標×プロセス×スキル×やる気)活用」
  • 「事業におけるリスク回避と生産性向上」
PR・特記事項
  • 日刊工業新聞社実務セミナー登録講師
  • 日刊工業新聞社NBLAエキスパートクラブシニアコンサルタント
  • 日刊工業新聞社より「アナタの会社の埋蔵金(ムダ)を利益に変える本」好評発売中
  • 秀和システムより「原価計算-事例で学ぶ実践のツボ!」、「実践!原価管理-事例でわかる実践のツボ」好評発売中
  • あさ出版より「社長、その給与は払いすぎ!」好評発売中
  • 電子書籍「瀕死のホテルを再生せよ!」、「喫茶ホリコン繁盛記」好評配信中
報酬基準
  • コンサルティング時間単価:7~5万円(投資効率は5倍以上を目指します)
  • 経営顧問月額:20万円~
  • セミナー・講演会:2時間まで15万円(交通費・宿泊費別途)それ以上はご相談にて

お問い合わせはコチラから

セミナー活動

コンサルティングポリシー

企業ドクターは臨床医であり、「問題は会議室じゃない!現場で起っているんだ!」をモットーにしており、現場100回・三現主義(現場で、現物を、現実に見ること)を徹底し、何故問題なのか?何が原因かを徹底的に掘り込ん(ホリコン)でいきます!

診療方針・計画を現場と一体となって考え、実行し、会社の病気を治癒し、自然治癒力の覚醒までをお手伝いします!

ドクトルの「経営改革三原則」

  1. 過去を否定しない。
  2. 犯人探しをしない。
  3. 個人攻撃をしない。

これを徹底しなければ、全員で埋蔵金を探すことができません。皆で探さないと利益に帰ることができません。
しかし今日からは、決めたことをやる。たったそれだけです!

セミナー・研修・講演会活動

NPOセミナーは通算20回を越えています。
企業内研修、一般向けセミナー、講演会なども意欲的に取り組んでおります。
各種協同組合、財団・社団法人など各種協会、一般企業向けなど実績多数です。

セミナーメニューは(財務管理、管理会計から人事管理、業績賃金制度、生産管理など幅広く、
30種類以上のセミナーメニューがあります。全国どこへでも参ります。内容・ご予算などお気軽にご相談ください。

赤字企業の黒字化

従来型の赤字企業への転落ステップは、健全「経常利益5~6%以上」→要注意「経常利益0」→罹患「経常利益▲3~5%」→重症「経常利益▲5~10%以上」です。

すくなくとも罹患時点で早期に手を打つ必要があります。

ホリコンのノウハウ「業績方程式」、「マネジメントウエッブ」、「マネジメントナビゲーション」. を駆使して、黒字化を実現します。
「業績方程式=目標×プロセス×スキル×やる気」

もう「USO(ウソ)とは言わせない!」

ISO9001は、1995年から取り組んでおり、品質マニュアルの下位文書である、「規格・規定」を「プロセスフローチャート」で恐らく日本で最初に代用したコンサルタントです。

ISOがUSO(ウソ)と呼ばれるのは、ISO規格重視で安易に作成されたISOシステムと本来の経営システムとの二重化がその元凶です。ISOと本来の経営システムを完全に一本化することが不可欠です。

その他、ISO14001(環境マネジメントシステム)、ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)、P(プライバシー)マーク、エコアクション21など各種マネジメントシステムを業績向上のために活用します。

書籍紹介

社長さんは「給与を払い過ぎている現状」に不満を持っている社員がいることを忘れてはいけません。そのような社員は、たいてい、給与に見合う額以上に稼いでいる優秀な社員です。社員のモチベーションの低下を心配するなら、まず、そうした優秀な社員の意欲を下げないことを優先すべきではないでしょうか。本書では、社員の給与を適正化するための、さまざまな方法を紹介します。個別の同意などを必要としない安心して取り組めるものから、できれば使っていただきたくない、最後の手段である人を減らす方法まで、幅広くまとめました。

また、社員の給与を下げるとは、下げて、据え置きではありません。現状の働きに見合った額に修正することです。その過程で、どのような働きをすれば、給与が上がっていくかを説明することが大切です。そのような“敗者復活”のポイントについても述べました。本書が社長さんの長年の「心のつかえ」がとれる、きっかけになれば、嬉しく思います。


会社の病気を治すホリコンの商業出版第二弾は、「コストダウンに役立てようと原価計算の入門書はひととおり読んで理解したが、実践にどのように適用してよいかわからない。かと言って分厚い専門書はむつかしくて読む気がしない」という読者層を想定して、ホリコンの20年以上の現場改善の立場から管理会計をわかりやすく表現した本です。


どのような企業でも、売上高の10~15%程度のムダ(損失=実際損失と機会損失)があります。そしてそのムダは、経営資源(ヒト、モノ、カネ)と経営活動(業務プロセス)のあらゆるところに隠れています。本書はこれらのムダ(埋蔵金)を発見して、利益に変える方法を具体的に解説しています。経営者、管理者、会計人、経営コンサルタント必携の書です。

雑誌掲載記事

画像をクリックするとPDFにて内容が表示されます。
画像をクリックするとPDFにて内容が表示されます。